NEWS
「環境・エネルギー」誌から取材を受けました
FPSC subLOGO

2009年12月

 

「環境・エネルギー」誌(政策総合研究所発刊)から取材を受けました。 同誌は地球温暖化防止、低炭素社会をめざした取組みを紹介しています。

「環境・エネルギー」誌 '09年12月 '10年1月号表紙

「環境・エネルギー」誌
'09年12月 '10年1月号表紙

 

政策総合研究所について

 地球温暖化は人類の生存を揺るがす最大の脅威です。温暖化が進んできたのは、これまでの先進国のあり方に大きな責任があります。脅威が現実のものとならないように、どういった地球を引き継ぐのかは、現在に生きる我々の責務です。同時に、各国、各地域の将来世代に豊かな生活の基盤を確保するために、経済と環境が両立する持続性可能なかたちを考えていかなければなりません。
 低炭素社会とは、究極的には、温室効果ガスの排出を自然が吸収できる量以内にとどめ(カーボン・ニュートラル)社会をめざすものです。そのためには、産業、行政、国民など社会のあらゆるセクターが、地球の有限性を認識し、省エネルギー、低炭素エネルギーの推進や、3Rの推進による資源生産性の向上等によって、二酸化炭素の排出を最小限化(カーボンミニマム)するための配慮が徹底される社会システムの形成が必要となってきます。つきましては、低酸素社会構築に向けて、技術開発、実用化の実態の情報を提供する総合提案誌「環境・エネルギー」発刊の意義をおくみ取りのうえ、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

ツインバード工業株式会社 SC営業部

Copyright©2004-2017 TWINBIRD CORPORATION All Right Reserved